概要


連携設定を行うことで、Slack上でメッセージを送信し打刻が可能になります。

設定は以下の2ステップで行います。


  1. 管理者、経理・マネージャー等が行う基本設定 ※ 管理者・経理マネージャーが一度行います。
  2. 従業員が行う個人設定  ※ チャット打刻を利用する全ての従業員が個人で行います。


 本設定を以前に行い従業員の追加だけを行う場合、再度設定は必要ございません。

チャット打刻を利用する従業員を新たに追加する場合は、2.従業員が行う個人設定を行ってください。


本ページでは「1. 管理者、経理経理・マネージャー等が行う基本設定についてご説明いたします。



1. 基本設定


「連携サービスの設定」画面にアクセスします。




Slackの「追加」ボタンをクリックします。




「Add to Slack」ボタンをクリックします。




認証画面が表示されます。

「許可する」をクリックします。




連携設定が行えない場合


・Slackのフリープランをご利用の場合、インストールできるアプリ数に制限がございます。
詳細は以下をご参照ください。
https://slack.com/intl/ja-jp/help/articles/115002422943-Slack-
 
・ワークスペースが無料プランの場合、いくつかのアプリをアンインストールすることで連携が行える可能性がございます。
https://slack.com/intl/ja-jp/help/articles/360003125231
Slackのフリープランをご利用の場合、可能であれば不要なアプリをアンインストールし再度連携設定をお試しいただきますようお願いいたします。


打刻キーワードの設定


打刻キーワードの設定を行います。


「引き金となる言葉」を設定すると、メッセージの先頭に本項目で設定した言葉や絵文字・記号がある場合のみ打刻されます。

※ 絵文字の種類によっては設定が行えない場合があります。



画面下部の「確認」をクリックし設定を保存します。




「送信」ボタンをクリックします。




連携サービスの設定画面にSlackが表示されます。以上で基本設定は完了です。

次にSlack上で、kinconeBOTの招待を行います。




Slackの打刻機能を有効にしたいチャンネルで「/invite @kincone」と投稿し、BOTを招待します。

※プライベートチャネルでは、打刻が行えません。パブリックチャネルをご利用いただきますようお願いいたします。





kinconeBOTから、「〇〇さんの招待により、#△△△に参加しました。」というメッセージが表示されれば、招待は成功です。

次にチャット打刻を利用する全ての従業員が行う「2. 従業員が行う個人設定」を行います。