概要


会社カレンダーは、全社共通となる休日のルール設定を行うことが出来ます。

カレンダーを設定することで、欠勤の記録・休日(法定休日)の労働時間集計が可能になります。

・操作手順:設定>会社情報>会社カレンダー


※ 就業形態によって個別に設定を行いたい場合は 就業形態 のページからルールの上書きが可能です。

※ 会社カレンダーを設定することで、フレックスタイムの残業計算のために必要な各月の稼働時間が自動計算されるようになります。



コンテンツ

  1. 曜日・祝日の扱い

  2. 欠勤の判定

  3. その他の休日

  4. 「就業形態」での上書き



1. 曜日・祝日の扱い

各曜日と祝日を、kincone上でどのように扱うかの設定が行えます。


「平日」

出勤日となります。

労働時間は通常通りに集計され、打刻がない場合は「欠勤」としてマークされます。

「法定外休日」 出勤日ではありませんが、出勤した場合も割増賃金が支払われない休日です。
労働時間は、通常通りに集計されます。
「法定休日」

労働基準法で定められた休日で、出勤した場合は割増賃金の支払いが必要になります。

労働時間は、休日労働時間として集計されます。

    

        

2. 欠勤の判定

本項目のチェックボックスにチェックを入れた場合、出勤日に打刻がない場合は、自動的に「欠勤」としてマークされます。

※ 欠勤の判定は、翌日の深夜に行われます



3. その他の休日

創立記念日や夏季休暇、年末年始の休暇など、会社独自の休日を設定する項目です。

各休日は「毎年」の繰り返し休日とするか、該当年だけの「一度だけ」休日にするかを選択することが可能です。

※ 設定例:年末年始のような固定の休日は「毎年」・夏季休暇のように変動がある休日は「一度だけ」



4. 就業形態での上書き

会社カレンダーの設定は、就業形態ごとに独自のカレンダーを設定することで上書きが可能です。

※ アルバイトの場合は、休日の設定を適用しない等の設定が可能

・操作手順:設定>会社情報>就業形態管理>カレンダーの「設定」ボタンをクリック