概要


打刻忘れの通知設定を行うことで、打刻忘れ時に気づきやすくしたり管理者が遅刻者のリストを受け取ったりできるようになります。

設定は就業形態管理から行います。

※通知を行うためにはあらかじめ「会社カレンダー」を設定しておく必要があります。




各設定値の説明



     

「利用設定」
通知機能を利用するかどうか決めます。
「通知タイミング」
各就業形態で指定している所定の出勤時刻から何分間打刻がされなかった場合に通知をするか決定します。
「通知先」
誰に通知するかを選択します。kinconeユーザ以外でもメールアドレスを指定することで通知先として設定可能です。



打刻忘れが通知される条件


打刻忘れの通知は会社カレンダーにて「平日」となっている日付で始業の打刻がない場合のみ通知されます。

また、あらかじめ「欠勤」とマークされているか、休日等の種別設定で「欠勤にしない」に設定されている種別のマークがついている日には通知されません


休日等の種別設定