連携設定の詳細はこちらをご覧ください。



フィールドマッピング一覧


※ 連携必須項目について

連携必須項目は、必ずkintoneに連携する必要がある項目となります。

kintone側で必ず連携するフィールドを作成してください。

その他の項目の連携は任意となりますので、必要な項目のみ連携を行うことが可能です。


※ 設定時の注意事項について

kinconeのフィールドマッピングの設定の「?」にマウスを合わせると、項目の説明や設定時の注意事項がご覧いただけます。




kinconeのフィールドkintoneの対応フィールド
連携必須項目・備考
kinconeのログインID(メールアドレス)「文字列(1行)」「リンク」「ユーザ選択」※ kinconeのレコード特定フィールドの設定で「メールアドレス」を選択した場合は必須項目となります。
従業員名「文字列(1行)」※ kinconeのレコード特定フィールドの設定で「ユーザー名」を選択した場合は必須項目となります。
従業員名(カナ)「文字列(1行)」
従業員番号「文字列(1行)」※ kinconeのレコード特定フィールドの設定で「従業員番号」を選択した場合は必須項目となります。
出勤日「日付」
必須項目です。
出勤時刻「時刻」「日時」
退勤時刻「時刻」「日時」
備考「文字列(1行)」「文字列(複数行)」
休憩サブテーブル名休憩に関するフィールドのいずれかを設定すると自動的に選択されます。※ 休憩に関する項目は、必ず同じサブテーブル内のフィールドを選択してください。
休憩開始時刻「時刻」「日時」
※ 休憩に関する項目は、必ず同じサブテーブル内のフィールドを選択してください。
休憩終了時刻「時刻」「日時」
※ 休憩に関する項目は、必ず同じサブテーブル内のフィールドを選択してください。
休憩備考「文字列(1行)」「文字列(複数行)」
※ 休憩に関する項目は、必ず同じサブテーブル内のフィールドを選択してください。
休日等の種別「複数選択」「チェックボックス」※ kintoneフィールドの設定でkinconeの「休日等の種別」で設定した項目および「遅刻」「早退」「欠勤」が全て存在するようにしてください。
存在しない項目がある場合はエラーとなり連携が行えません。

※ 休日出勤や振休・代休の申請機能を利用する場合、承認された休日出勤および振休・代休も「休日等の種別」に含めた形で kintone に連携されますので、kintone アプリの設定項目の選択肢にも「休日出勤」「振休」「代休」を追加して下さい。

例:
・kinconeの休日等の種別で「有給」「時間給」「特別休暇」を登録

・休日出勤や振休・代休の申請機能を利用する場合

以下の選択肢をkintoneのフィールドの設定で登録する必要があります。
・遅刻
・早退
・欠勤
・有給
・時間休
・特別休暇
・休日出勤
・振休
・代休
時間休/フォーマット「文字列(1行)」「数値」
部署・店舗「複数選択」「チェックボックス」※ kintoneフィールドの設定でkinconeの「部署・店舗」で設定した項目が全て存在するようにしてください。
存在しない項目がある場合はエラーとなり連携が行えません。


例:kinconeで「営業部」「管理部」「開発部」の部署を登録している場合

kintoneのフィールドの選択項目も「営業部」「管理部」「開発部」を設定する必要があります。
出勤端末名「文字列(1行)」
退勤端末名「文字列(1行)」
出勤緯度「文字列(1行)」
出勤経度「文字列(1行)」
退勤緯度「文字列(1行)」
退勤経度「文字列(1行)」
外出時間/フォーマット「文字列(1行)」「数値」
総労働時間/フォーマット「文字列(1行)」「数値」
実労働時間/フォーマット「文字列(1行)」「数値」
所定労働時間/フォーマット「文字列(1行)」「数値」
時間外労働時間/フォーマット「文字列(1行)」「数値」
未承認の残業時間/フォーマット
「文字列(1行)」「数値」

深夜労働時間/フォーマット「文字列(1行)」「数値」
適用労働時間/フォーマット「文字列(1行)」「数値」
遅刻時間/フォーマット「文字列(1行)」「数値」
早退時間/フォーマット「文字列(1行)」「数値」
含まれる休憩時間/フォーマット「文字列(1行)」「数値」
補填された労働時間/フォーマット「文字列(1行)」「数値」
有給取得日数「文字列(1行)」「数値」