概要


勤怠の打刻や申請機能など、基本的な機能・ご利用方法についてご説明いたします。



コンテンツ

1. 勤怠の打刻方法

1-1. 交通系ICカードをタッチする方法

1-2. モバイルアプリでの打刻

1-3. ブラウザ管理画面での打刻

1-4. チャット打刻


2. 勤怠の編集・削除


2-1. 一般社員(編集不可)以外の場合

2-2. 一般社員(編集不可)の場合


3. 申請


4. データのダウンロード



1. 勤怠の打刻方法


kinconeは働き方に合わせた4種類の打刻方法があり、以下全ての方法を併用しご利用いただけます。


・交通系ICカードをタッチする方法(勤怠と交通費を同時に読み取り可能)
・モバイルアプリでの打刻

・ブラウザ管理画面での打刻
・チャット打刻


参照:4つの打刻方法のどれを利用すればいいかわかりません。



- 注意事項 -


打刻方法を選択する際は、以下の点にご注意ください。


※ 徹夜勤務や、就業時間が深夜に及ぶ場合、何時に勤務してもいい場合などで会社情報の基本情報で設定した

「営業時間の切り替え時刻」で設定した時間を超えて退勤打刻を行う可能性がある場合は、

「ICカードをタッチし、打刻と交通費を同時に読み取る」「モバイルアプリでの打刻」をご利用し「徹夜モード」で打刻してください。


「徹夜モード」について

 会社情報の基本情報で設定した「営業時間の切り替え時刻」を超えて退勤をされる場合は、

 退勤時に「徹夜モード」にて打刻をしていただくことで、前日の勤怠として打刻されます。


ブラウザ管理画面での打刻・チャット打刻の場合は、会社情報の「営業時間の切り替え時刻」で設定した時間を超えて徹夜モードで退勤打刻が行えません。




4つの打刻方法についてご説明いたします。


1-1. 交通系ICカードをタッチする方法


交通系ICカードをタッチし、打刻と交通費のデーターを同時に読み取ることが可能です。

※ 打刻のみ・交通費精算のみのご利用も可能です。設定方法はこちら



- ご利用のイメージ -


事業所ごとに打刻用の端末を設置します。

打刻を行う従業員様が端末の設置場所で交通系ICカードをタッチし勤怠・交通費精算を行う方法です。

主に事業所・オフィスに出勤される場合に適した方法となります。




⚫︎必要機器


※ 端末やICカードリーダーは事業所や店舗ごと、交通系ICカードはユーザーごとに必要です。

※ 動作確認済み端末についてはこちらをご覧ください。

※ 利用可能な交通系ICカードはこちらをご覧ください。


ご利用される端末必要機器備考
iPhone7以降かつiOS13以上の場合

・端末

・交通系ICカード


iPhone6以前・またはiOS12以前の場合

・端末

カードリーダー(Sony製「RC-S390 P」または「RC-S390」

・交通系ICカード

Sony製「RC-S390 P」または「RC-S390」はソニー社での製造が終了しております。


一部インターネット通販で購入できる場合もございますが、ソニー社でサポートの対象になっているか必ずご確認ください。

Android端末

・NFC(おサイフケータイ)機能が搭載された端末

・交通系ICカード



⚫︎設定方法


ご利用には管理者権限での設定が必要となります。

詳細はこちらをご覧ください。



以降は打刻のみを行う方法となります。


1-2. モバイルアプリでの打刻


・モバイルアプリをインストールし、出勤・休憩・復帰・退勤のボタンをタップし打刻を行います。

出勤・退勤打刻の場合は、GPS機能を利用した位置情報必ず取得されます。



- ご利用のイメージ -


ユーザーの個人端末や、会社支給のスマートフォン等にアプリをインストールし、それぞれの端末で打刻を行う方法です。

リモートワークや、直行直帰の場合にご利用しやすい方法となります。




⚫︎必要機器


以下の機器が、打刻を行うユーザー分必要となります。


・iOS端末または、NFC(おサイフケータイ)機能が搭載されたAndroid端末

※ 動作確認済み端末についてはこちらをご覧ください。



⚫︎ご利用方法


打刻をするユーザーのスマートフォン等の端末にアプリをインストールします。

詳細はこちらをご覧ください。



1-3. ブラウザ管理画面での打刻


・kinconeの管理画面にログインし、出勤・休憩・復帰・退勤のボタンから打刻を行います。

・出勤・退勤打刻の場合は、位置情報の取得が行えます。

・位置情報は、管理者権限で取得の可否を設定することが可能です

 ・設定>会社情報>就業形態管理>編集>利用する機能の「位置情報を記録(Web)」でON・OFFを選択



- ご利用のイメージ -


打刻を行うユーザーがPCやスマートフォンなどでkincone管理画面にログインし打刻ボタンをクリックします。

ICカードタッチやモバイルアプリでの打刻は、ご利用いただける機器に指定がございますが、

ブラウザ管理画面での打刻は、インターネット接続可能なPC・スマートフォン・タプレット端末でご利用いただけます。





⚫︎必要機器


パソコン・スマートフォンやタブレット端末でご利用いただけます。


⚫︎ご利用方法


打刻をするユーザーがkinconeにログインし、「勤怠」をクリックします。



画面上部のボタンをクリックし、打刻を行います。





1-4. チャット打刻


・SlackやChatwork・LINE WORKSへ連携設定を行うことで、チャット上でメッセージを送信し打刻を行うことが可能です。



- ご利用のイメージ -


チャット上で「おはようございます」等の任意のメッセージを送信するだけで気軽に打刻が行えます。

打刻忘れ防止や、リモートワーク時の出勤状況の確認がチャット上で行えます。

SlackやChatwork・LINE WORKSを普段ご利用の場合や、リモートワーク時にご利用いただきやすい方法です。


ICカードタッチやモバイルアプリでの打刻は、ご利用いただける機器に指定がございますが、

チャット打刻はインターネット接続可能なPC・スマートフォン・タプレット端末でご利用いただけます。




⚫︎必要機器


パソコン・スマートフォンやタブレット端末でご利用いただけます。



⚫︎ご利用方法


ご利用には連携設定が必要です。詳細はこちらをご覧ください。



2. 勤怠の編集・削除


・勤怠の画面では「打刻時間や打刻時間の集計結果の確認・編集や削除」が行えます。

編集・削除は従業員のアカウントの権限によって操作方法が異なります。

 ※ アカウントの権限による違いはこちらをご覧ください。


・一般社員(編集不可)以外の場合

・一般社員(編集不可)の場合



2-1.一般社員(編集不可)以外の場合


・ユーザー自身がデータの編集・削除を行います。

 ※ 管理者や経理・マネージャー等がユーザーの勤怠の編集を行うことはできません。



◆ 一覧画面でのデータ編集・削除


・勤怠一覧画面から、出退勤時間(休憩時間のぞく)や備考欄の編集が可能です。

・勤務カレンダー右側の「削除」ボタンをクリックすると、データの削除が行えます。



◆ 詳細画面でのデータ編集


一覧画面の「編集」ボタンをクリックし、編集を行うことが可能です。




2-2. 一般社員(編集不可)の場合


・ユーザーは自身の勤怠の編集は行えません。

・管理者や部署権限を持つ経理・マネージャー等が編集を行います。

 詳細はこちらをご覧ください。


3. 申請


申請の利用設定が行われている場合は、「申請メニュー」から以下の申請機能が利用できます。


・勤怠の申請

・休日出勤・振休・代休の申請

・休暇の申請



※ 申請画面で「出退勤時刻が記録されていない、もしくは時系列が正しくない日が含まれています。」と表示され、

勤怠の申請が行えない場合は、出退勤や休憩時間の打刻が行えていない場合や打刻時間の時系列が正しくない状態となります。

詳細はこちらをご覧ください。


※ 申請の差し戻しがある場合は「差し戻しがあります」と表示されます。
クリックすると、差し戻された申請データの確認が行えます。





4.データのダウンロード


勤怠画面ではCSV、Excel、PDF形式にて、ユーザー自身のデータのダウンロードが行えます。