概要

交通費精算機能のご利用方法について、ご説明いたします。



コンテンツ

  1. 交通費の登録方法

  2. 交通費の確認・編集・削除

  3. 物販データの読み込みの設定

  4. スケジュール連携の設定

  5. 申請

  6. データのダウンロード


1. 交通費の登録方法

kinconeの交通費管理方法は、3種類ございます。


・交通系ICカードでの登録

・ブラウザ管理画面での登録

・外部サービスからのデータを取り込み(モバイルSuica・モバイルPASMOに対応)



交通系ICカードでの登録

交通系ICカードをタッチし、打刻と交通費のデーターをを同時に読み取ることが可能です。

※ 一度に登録が行えるデータの件数は、ICカードの仕様により最大19件までとなります。

※ 勤怠だけ・交通費だけのご利用も可能です。



必要機器

以下の機器が事業所や店舗ごとに必要となります。 

 

iPhone7以降かつiOS13以上の場合 ※ 左記のiPhoneのみとなります。

 ・端末

 ・交通系ICカード


iPhone6以前またはiOS12以前の場合 ※ iPadの場合はこちら

 ・端末

 ・ICカード読み込み用のカードリーダー(Sony製「RC-S390 P」または「RC-S390」

 ・交通系ICカード


Android端末

 ・NFC(おサイフケータイ)機能が搭載された端末

 ・交通系ICカード


動作確認済み端末についてはこちらをご覧ください。




管理画面での登録

管理画面から手入力で交通費を登録することが可能です。



外部サービスからのデータを取り込み

モバイルSuicaやモバイルPASMOと連携し、交通費データを取り込みが行えます。

詳細は、こちらをご覧ください。



2. 交通費の確認・編集・削除

編集・削除は従業員のアカウントの権限によって操作方法が異なります。

アカウントの権限による違いはこちらをご覧ください。


「管理者・経理マネージャー等・一般社員の場合」

ご自身の交通費情報をkinnone管理画面の「交通費」にて確認することが可能です。

データの編集は、一覧画面詳細画面にて行えます。

管理画面の確認方法は、こちらをご参照ください

※ 管理者や経理・マネージャー等が従業員の勤怠の編集を行うことはできません。



「一般社員(編集不可)の場合」

ご自身の交通費情報の編集は行えません。

「一般社員(編集不可)」の場合は従業員が勤怠を申請し、管理者や部署権限を持つ経理・マネージャー等が申請管理の画面で編集を行います。

詳細はこちらをご覧ください。



3. 物販データの読み込みの設定

交通系ICカードに記録された物販データ(お買い物のデータ)は、予め読み込まないよう設定を行うことが可能です。

設定方法は以下の2種類ございます。


管理者や経理・マネージャー等が従業員の設定を行う場合

「従業員編集」画面から設定が行えます。

※ 経理・マネージャー等は部署権限も持つ場合のみ


従業員が自身の設定を行う場合

「個人設定」画面から設定が行えます。


4. スケジュール連携の設定

Office365 Outlookカレンダー・Googleカレンダー・サイボウズ Garoonと連携を行うことで、

予めスケジューラーに登録した訪問先や予定の情報を、kinconeの交通費画面「訪問先/備考」欄に呼び出すことが可能になります。


サイボウズ®ガルーンとのスケジュール連携

Office365 Outlookとのスケジュール連携

Googleカレンダーとのスケジュール連携

乗車履歴とスケジュールの自動マッチ機能設定


5. 申請

交通費の申請は、シンプルな申請→承認のみを行う方法の他、

複数の承認者を設定したワークフローでの申請方法がございます。


・申請方法はこちらをご覧ください。

・ワークフローでの申請は、こちらをご覧ください。



6. データのダウンロード

CSV、Excel、PDF形式にて、ご自身の交通費データのダウンロードが行えます。