「勤務間インターバル」とは、勤務終了後、一定時間以上の「休息時間」を設けることで、働く方の生活時間や睡眠時間を確保するものです。

2019年4月1日施行の「働き方改革関連法」に基づき「労働時間等設定改善法」が改正され、

前日の終業時刻から翌日の始業時刻の間に、一定時間の休息を確保することが事業主の努力義務として規定されています。



コンテンツ

  1. 勤務間インターバル機能

  2. 設定方法

  • 基本設定

  • 通知設定

  • 休息期間を確保するための取り組み


1. 勤務間インターバル機能

kinconeでは、勤務間インターバルに関する機能として、設定されたインターバル時間(休息期間)を取らずに就業した場合に、

従業員本人や管理者に通知を行う機能・休息期間を確保するための取り組みとして労働時間の調整機能を提供します。

設定は「就業形態管理」の画面から就業形態ごとに行うことができますので従業員のワークスタイルに合わせて設定が可能です。

・操作手順:設定>会社情報>就業形態管理>勤務インターバルの「設定」ボタンをクリック


2. 設定方法

基本設定

・はじめに「利用設定」を「ON」にします。

・「休息期間」は、11時間が初期値として入力されていますが、働き方に合わせて変更が可能です。



通知設定

設定した休息期間を空けずに出勤打刻を行った場合に、メールにて通知を行うことが可能です。

※メールは出勤日の翌朝に通知されます。


■通知除外時間帯

従業員が設定した休息期間を開けずに就業した場合に、メール通知を除外する時間の設定が行えます。

例えば、インターバルを11時間に設定し、前日23時に退勤した従業員は10時までは休息期間となります。

9:55に出勤した場合にはアラート対象となりますが、「10分間は通知対象外」と設定すれば、9:50~10:00に出勤した従業員を通知対象から除外することが可能です。


■通知先

通知先を「管理者」「所属組織の経理・マネージャー等」「本人」から選択してください。

「その他の通知先」にメールアドレスを入力することで、kinconeのユーザ以外にも通知を行うことが可能です。


休息期間を確保するための取り組み

従業員が休息期間を安心して確保するため、休息期間の労働時間への組み入れや、遅刻カウントから除外する設定を行うことが可能です。


■重なる期間を労働時間とみなす

休息時間中は、就業しなくても労働したものとして労働時間を計算します。

例えば、始業時間が9:00 前日勤務の結果、10:00までが休息期間となっている場合、

10時に出社をした場合も、9:00~10:00の1時間は労働時間に組み入れられます。

※ 遅刻にもカウントされません。


■始業時間を繰り下げる

労働時間の計算は実労働時間を基準に行いますが、遅刻としてカウントされなくなります。


■何もしない

労働時間の計算や、遅刻の扱いが実際の打刻に基づいて行われます。

メール通知だけを受け取りたい場合に選択してください。