概要

kinconeでは、固定時間勤務・裁量労働制やフレックスタイム、時短勤務等、複数の就業形態の作成が可能です。

作成した就業形態を従業員に割り当てることで、様々な働き方に合わせた勤怠管理が行えます。


※ 新規追加は管理者のみが行えます。(経理・マネージャー等は閲覧のみ)

※ 作成した就業形態の削除は行えません。

※ 就業形態を誤って作成した場合や、利用しない場合は、「利用設定」をOFFにすることが可能です。



設定方法

「就業形態管理」画面を開きます。




「新規追加」ボタンをクリックします。



就業形態を選択し、「次へ」をクリックします。

※ 「全て自分で設定する」をクリックすると、「新規就業形態作成」画面が表示されます。



時間の丸めを選択し、「次へ」をクリックします。




所定労働時間・勤務時間に関する設定を行います。

選択した就業形態ごとに設定項目が異なります。


固定時間制度・時短勤務の場合


フレックスタイム制度の場合


裁量労働制度の場合


アルバイト・パートの場合


休憩時間の設定を行い、「次へ」をクリックします。



固定残業時間の設定を行い、「次へ」をクリックします。



有給休暇管理の設定を行い、「次へ」をクリックします。



ワークフローの利用設定を行い、「次へ」をクリックします。



設定の完了画面が表示されます。

「登録」をクリックし、設定を完了させて下さい。