概要

残業アラートとは、「法定外労働時間」が規定値を超えた場合、メール通知を行う機能です。

就業形態ごとに設定を行います。

※ 法定外労働時間とは、労働基準法で定められた、1日8時間・週40時間を超える労働を指します。



コンテンツ

  1. 新規追加

  2. 編集・利用設定・削除



1. 設定方法

「就業形態管理」画面を開きます。



設定は就業形態ごとに行います。

残業アラートの「設定」ボタンをクリックします。



「新規追加」ボタンをクリックします。



必要項目を入力し、「確認」ボタンをクリックすると設定が保存されます。





項目名説明
1名称
任意の残業アラートの名称を入力します。
2集計期間
労働時間の集計期間を選択します。
3週の始まり
週の始まりを指定します。
1週間の法定労働時間は、指定した曜日から起算し計算されます。
4アラート
アラートの発生タイミングを設定します。
5通知先
通知先を「管理者」「 所属組織の経理・マネージャー等」「 本人」から選択します。
6その他の通知先
メールアドレスを入力することで、kinconeユーザ以外に通知を行うことが可能です。
複数登録する場合は、カンマ区切りで入力してください。



2. 編集・利用設定・削除




項目名
説明
1編集設定の編集画面に遷移します。
2利用設定利用設定の切り替えボタンです。
3削除削除を行うボタンです。