概要

スケジュールの自動マッチ機能とは、Microsoft 365 Outlookカレンダー・Googleカレンダー・サイボウズ Garoonに登録されている予定を、kinconeのシステムが推測し自動的にkincone交通費管理画面の「訪問先/備考」欄に表示する機能です。

※ 予め、スケジュール連携設定が必要となります。



自動マッチ機能ではスケジューラーに記載された会社名・訪問先住所などを判断材料とし、訪問先の推測を行っています。

以下の情報入力や設定を行っていただくことで、マッチング機能の精度が向上します。


・訪問先の会社名や住所を、スケジューラーに正確に入力

・kinconeで除外キーワードを設定

kinconeで最寄駅を設定




コンテンツ


1. 管理者、経理マネージャー等での設定


1-1.会社の最寄り駅の設定

1-2. 部署・店舗の最寄り駅の設定


2. ユーザーの個人設定


2-2. 利用設定

2-2. 最寄り駅の設定


3. ご利用方法



1. 管理者・経理マネージャーでの設定

はじめに管理者権限のユーザーが基本設定を行います。


1-1. 会社の最寄り駅の設定


設定は任意となります。

設定を行うことで、マッチング機能の精度が向上します。



「基本情報」画面にアクセスします。




「追加」ボタンから最寄駅を設定します。

・設定後、「確認」をクリックし、次の画面で「送信」をクリックすると設定が保存されます。




1-2. 部署・店舗の最寄り駅の設定


設定は任意となります。

設定を行うことで、マッチング機能の精度が向上します。

※ 部署・店舗に最寄駅を設定した場合、会社情報の「基本情報」画面で設定した最寄駅の設定は無視されます。



「部署・店舗」画面にアクセスします。





「編集」ボタンをクリックします。





「追加」ボタンから最寄駅を設定します。

・設定後「確認」をクリックし、次の画面で「送信」をクリックすると設定が保存されます。




2. ユーザーの個人設定

次にカレンダーマッチング機能を利用するユーザー単位で行う設定についてご説明いたします。


2-1. 利用設定



「スケジュール連携設定」画面にアクセスします。




以下の設定を行います。


1. カレンダーマッチング機能を利用する

 「ON」に設定します。


2. 除外キーワード

 マッチングから除外したいキーワードを、カンマ区切りで入力します。

 キーワードが含まれるスケジュールは、対象から除外されます


3. 連携可能なカレンダー

 利用するカレンダーの連携設定が行われているか確認します。

 ※ 本機能のご利用には、予めスケジュール連携設定が必要となります。




2-2. 最寄り駅の設定


設定は任意となります。

設定を行うなうことで、マッチング機能の精度が向上します。


「個人設定」画面にアクセスし、「追加」ボタンから最寄駅を設定します。

・設定後、「確認」をクリックし、次の画面で「送信」をクリックすると設定が保存されます。





3. ご利用方法


交通が登録されると、マッチしたスケジュールが自動で表示されます。


※ マッチングは非同期で行われるため、最大数十秒ほどかかります。





誤ったマッチングが行われた場合は、ロボットのアイコンをクリックし修正が可能です。

補正データを学習し、次回以降のマッチング精度が向上します。