概要

ICカード、モバイルSuicaの乗車履歴とスケジューラ(Googleカレンダー、Office365、サイボウズ「Garoon」)の訪問履歴の自動マッチ機能です。

自動マッチングにより交通費精算の際のスケジュールの転記作業が大幅に削減され、本来の業務に充てる時間が飛躍的に増えるので、各従業員の生産性を飛躍的に向上します。

スケジュールに登録されている予定の社名、住所などから、システムが訪問先を推測して自動的しますので、日々ICカードから履歴を読み取っていれば、精算を行う際にkinconeにログインするだけで、すでに訪問先が入力されている状態となりますので、間違っているところを修正するだけで申請を行うことが可能です。


設定方法

以下の手順に従って設定を行ってください。

自動マッチ機能ではスケジュールのタイトルに記載された会社名、訪問先住所などを判断材料として利用しています。 精度を向上させるためにタイトルにできるだけ正確な会社名を入力したり、除外キーワードを設定するなどすることで精度が向上します。