概要

月間所定労働時間の設定は、就業形態がフレックスタイム制の場合に利用します。

繁忙期がある業種の企業は本機能を利用することで、所定労働時間を柔軟に変更することが可能です。

※ 設定範囲は、月単位となります。



コンテンツ

  1. 設定方法

  2. 設定項目


1. 設定方法

「就業形態管理」画面を開きます。



フレックスタイム制度の「編集」ボタンをクリックします。




「時間外労働を月単位で計算する」を「ON」に設定します。

画面下部の「確認」ボタンをクリックし、次の画面で「送信」ボタンをクリックします。




就業形態管理画面に戻り、月間所定労働時間の「設定」ボタンをクリックします。




「年月追加」ボタンをクリックします。



月間の所定労働時間を入力します。

※ 月間の所定労働時間は、「年月追加」ボタンをクリックし、月ごとに追加することが可能です。


画面下部の「確認」ボタンをクリックし、次の画面で「登録」ボタンをクリックすると設定は完了です。