概要


管理者・経理担当者は勤怠・交通費および年次有給休暇管理簿を、一括でダウンロードすることが可能です。

このページでは勤怠・交通費の一括でダウンロードについてご説明いたします。

有給休暇の年次有給休暇管理簿のダウンロードは、こちらをご覧ください。


※ 申請機能を利用している場合は、申請後にデータが出力可能になります。

※ 経理・マネージャー等の場合は、権限を持つ部署・店舗に所属している従業員のデータのみダウンロードが可能です。



コンテンツ

  1. 一括ダウンロード

  2. CSV出力項目のカスタマイズ



1. 一括ダウンロード


・操作手順:設定>一括ダウンロード>勤務表・交通費




 
説明
出力範囲全従業員・部署単位・ユーザー単位別に出力が行えます。
出力形式勤務表:CSV・Excel・PDF・集計
交通費:MFクラウド会計・CSV・Excel・PDF・集計

※ MFクラウド会計・CSV・集計は、CSV形式で出力されます。
※ CSV・集計の違いは以下の通りです。
   CSV:1ヶ月の勤務表・交通費データの一覧

   集計:1ヶ月の勤務表・交通費データの合計



2. CSV出力項目のカスタマイズ


CSVで出力が可能な勤務表交通費の出力項目のカスタマイズが行えます。



・一括ダウンロードの勤務表・交通費画面上の「CSV項目を変更する」をクリックします。

・勤務表(詳細)、勤務表(集計)、交通費(詳細)、交通費(集計)の変更・追加を行いたい項目をクリックします。




CSVファイルに出力する項目と並び順の設定が行えます。


左側の枠内に並べられた項目がCSVファイルとして出力が行われます。

※ 右側の枠内に並べられた項目はCSVファイルには出力は行われません。


・赤枠内の項目は、CSVファイルの先頭行に出力する項目名となります。

※ 30文字以内で自由に変更が行えます。空欄の場合は保存を行うことができません。




各行をドラックし並び替えが行えます。




CSVファイルに出力したくない項目は「−」ボタンをクリックすると取り除くことができます。

CSVファイルに追加したい項目がある場合は「+」ボタンをクリックすることで追加されます。




赤枠はCSVファイルのデータ行に出力する項目を指します。

自由入力項目の場合は入力した値がそのままCSVファイルに出力されます。

    30文字以内で自由に入力でき、空欄にすると空項目として出力されます。




赤枠をクリックすると自由入力項目を追加することができます。




自由入力項目をクリック後、「先頭行に出力する項目名」、「データー行に出力する文字列」の入力を行います。

行をクリックすると挿入する位置の指定を行うことができます。指定しない場合は末尾に挿入されます。


※ 先頭行に出力する項目名は、30文字以内で自由に変更が行えます。空欄の場合は保存を行うことができません。

データー行に出力する文字列は、30文字以内で自由に入力でき、空欄にすると空項目として出力されます。




赤枠をクリックすることで設定を初期状態にリセットすることができます。




「設定をリセットします。よろしいですか?」という画面の「OK」ボタンをクリックします。




「CSVの出力項目設定を削除しました。」と表示されれば設定は完了です。




CSVファイルの詳細設定から、出力を行う際の形式の選択を行います。



↳文字コードを「日本語(Shift JIS)」、「Unicode(UTF-8)」、「Unicode(UTF-8) BOM付き」から選択を行います。

区切り文字を「カンマ」、「タブ」から選択を行います。

日付の表記形式を「Y-m-d」、「Y/m/d」、「Y.m.d」から選択を行います。


日付表記形式CSVでの表示内容
Y-m-d2020-01-02
Y/m/d
2020/01/02
Y.m.d
2020.01.02


労働時間の表記形式を「時:分」、「時間(10進数)」、「 分」から選択を行います。

例:8時間15分労働した場合


労働時間の表記形成CSVでの表示内容
時:分
08:15
時間(10進数)8:25
495



設定後、「保存」ボタンをクリックします。




「CSVの出力項目を変更しました。」と表示されれば設定は完了です。




以下はサンプルファイルとなります。


設定前

設定後