概要


有給休暇に関する設定や休暇の付与・消化方法について、ご説明いたします。



コンテンツ


1. 休暇の新規追加・編集

1-1. 基本設定

1-2. 時間休に関する設定


2. 有給休暇の付与・残日数管理(有給休暇のみの設定)

2-1. ユーザーごとに個別に登録する方法

2-2. CSVファイルで一括登録する方法


3. 有給休暇残日数が不足している場合の設定(有給休暇のみの設定)


4. 休暇の取得


1. 休暇の新規追加・編集


1-1. 基本設定


初めに有給休暇や、その他の休暇の利用設定を行います。


休日等の種別設定画面を開きます。




「新規追加」または、「編集」ボタンをクリックします。




編集は就業形態管理画面でも行えます。


※ 休日等の種別設定画面・就業形態画面どちらで編集を行った場合も設定は同期されます。

 例:休日等の種別設定画面で有給の付与日数を1日に設定。

   就業形態管理画面でも有給の付与日数は1日になります。




・設定項目を入力・選択し、画面下部「確認」ボタンをクリックします。

・次の画面で「送信」ボタンをクリックすると設定は完了です。



1. 「有給」「夏季休暇」など任意の休日等の種別名を入力します。

2. 就業形態ごとに休日の利用設定を行います。


3~5の設定は有給を消化する場合にのみ設定します。

 ・特別休暇を取得する際は有給を消化する:設定要

 ・夏季休暇取得する際は有給を消化しない:設定不要


3. 休暇取得時に、有給としてカウントする場合は、日数を設定します。※ 0.001~1日の間で指定可能

4. 休暇取得時に、労働時間として加算する場合は、時間を設定します。

5. 休暇取得時に、欠勤として扱うかの設定を行います。

6. 休暇の申請時にワークフローを利用するかの設定を行います。

 ・ON:休暇取得時に申請・承認が必須になります。

 ・OFF休暇取得時に申請・承認は不要となりユーザーの判断で休暇を取得できます。



1-2. 時間休に関する設定


・ホーム>会社情報>就業形態管理>「休日等の種別設定」で以下の画面を開きます。

「時間休に関する設定」を行うことで、1日分の有給休暇が1日の所定労働時間数(小数点以下切り上げ)に振り替えて、時間単位で扱うことが可能となります。


※ 法定の「1年に5日分まで上限」には対応しておりません。

※ 時間休は有給休暇取得義務(5日)には数えられません。

※ 1日の所定労働時間が変更された場合、時間単位で保有している部分については、所定労働時間の変動に比例して時間数が変更されます。


例:

所定労働時間が8時間から4時間に変更され、年休が3日と3時間残っている場合は、

3日と3/8日残っていると考え以下のとおりとなります。


【変更前】3日と3時間

【変更後】3日と2時間(比例して変更すると1.5時間となりますが、1時間未満の端数は切り上げます。)



設定方法


1.利用設定を「ON」にします。

※ 就業形態設定の「1日の所定労働時間」が未設定の場合は ON にすることができません。

※ 労使協定を締結することにより、年に5日を限度として、時間単位で有給休暇を取り扱うことが可能となります。

2.従業員が取得可能な「1日の所定労働時間」未満の時間休の選択を行います。

3.「ワークフロー利用設定」をONにすると申請者が時間休を取得する際にワークフローの利用が必須となります。

4.「時間休を労働時間に補填する」をONにすると取得を行った時間休の時間数が労働時間に加算されます。


2. 有給休暇の付与・残日数管理


付与設定は有給休暇の場合のみ必要です。

有給休暇以外の休暇の付与や、残日数管理は行えません。(申請・承認は可能)


有給休暇は「有効期限ごと」に設定を行います。


設定例:

・有効期限2020/1/1~2022/12/31の10日有給休暇を付与

 新たに「2021/1/1~2023/12/31の有給休暇」を付与する場合は、

「2020/1/1~2022/12/31」のすでに付与している有給休暇の編集を行わず、「新規追加」をし付与を行います。


2-1. ユーザーごとに個別に付与する方法


「従業員一覧」画面から、有給休暇の付与や登録した情報の編集が行えます。




有給休暇の「一覧」ボタンをクリックします。




「新規追加」または、「編集」ボタンをクリックします。

※ 有給休暇は新規追加ボタンをクリックし、「有効期限ごとに」追加することができます。




・設定項目を入力・選択し、画面下部「確認」ボタンをクリックします。

・次の画面で「登録」ボタンをクリックすると設定は完了です。



1. 有給休暇の有効期限を設定します。 設定した範囲外の日程では有給休暇を取得することができません。

2. 付与日数を設定します。

3. あらかじめ付与日数から、所定の日数を差し引きたい場合に入力します。

 ※ 勤怠で登録されない有給休暇が既にあり、付与日数からあらかじめ差し引いておきたい場合等


2-2. CSVで一括登録する方法


CSVファイルをアップロードし、一括で複数の従業員に有給休暇を付与することが可能です。


※ 一括登録では有給休暇の新規登録が行えます。情報の更新は行えませんのでご注意ください。


有給休暇管理一括登録画面を開きます。




・CSVファイルを選択し、アップロード」ボタンをクリックします。

 CSVファイルのフォーマット、及びサンプルファイルについては、こちらのページをご確認ください。




登録データプレビューの内容を確認し、問題がなければ「登録」ボタンをクリックします。




登録した有給休暇は、「従業員一覧画面」の有給休暇「一覧」ボタンから確認が可能です。




3. 有給休暇の残日数が不足している場合の設定


「就業形態管理」画面では、有給休暇の残日数が不足している場合の休暇の取得可否を設定することが可能です。

※ 管理者のみ設定が可能です。

・操作手順:設定>会社情報>就業形態管理>「編集」ボタンをクリック>「有給休暇に関する設定」



ONに設定した場合

 

有給休暇の残日数が不足している場合は、有給の取得が行えません。


OFFに設定した場合

 

残日数が不足している場合も、有給の取得が可能となります。 

 ※ 残日数はマイナスでカウントされます。



4. 休暇の取得


休暇の申請時に「ワークフローの利用設定」をONにしている場合は、

ワークフロー機能で申請を行い、承認を得ることで休暇を取得することが可能です。

※ 「ワークフローの利用設定」をOFFに設定している場合はは申請承認機能は利用できません。


・事前にワークフローの設定必要です。設定方法はこちらをご覧ください。

・すでにワークフローの設定を行っている場合は、こちらをご覧ください。