概要

ワークフローの利用設定や、申請方法についてご説明いたします。

※ 本ページでご説明する設定の他、予めワークフローの作成を行う必要がございます。

※ 有効なワークフローが作成されていない状態で、勤怠などの申請を行った場合、通常の申請となります。



コンテンツ

  1. 会社情報画面での利用設定
  2. 就業形態画面での利用設定
  3. デフォルトのワークフロー設定
  4. 申請方法



1. 会社情報画面での利用設定 

はじめに、会社情報の「申請機能」を ON に設定します。

・操作手順:会社情報 > 基本情報




2. 就業形態画面での利用設定 

次に、就業形態ごとにワークフローの利用設定を行います。

・操作手順:会社情報 > 就業形態管理 > 就業形態編集画面


※ 設定は、管理者のみが行えます。(経理・マネージャー等は閲覧のみ)

※  1.会社情報画面での利用設定で「申請機能」をON に設定している場合、就業形態毎にワークフローの利用可否の設定が行えます。




3. デフォルトのワークフロー設定 

申請時に指定する、ワークフローのデフォルト値を設定することが可能です。 

デフォルトのワークフローは、「就業形態管理」「従業員一覧」の新規作成・編集画面にて設定を行います。


※ 「就業形態管理」・「従業員一覧」の両方に設定がある場合は、「従業員一覧」の設定が優先されます。

※ 就業形態画面での設定は管理者のみが行えます。(経理・マネージャー等は閲覧のみ)

※ 従業一覧画面での設定は、経理・マネージャー等も行えますが、編集を行う従業員の部署・店舗権限を持つ場合のみとなります。


4. 申請方法 

勤怠・交通費画面の申請ボタンをクリックします。

※ 画像は勤怠画面の場合です。



申請画面が表示されます。

デフォルトのワークフローの設定を行っている場合も、申請時にワークフローを選択することが可能です。