概要

ワークフローの利用設定や、申請方法についてご説明いたします。

※ 本ページでご説明する設定の他、予めワークフローの作成を行う必要がございます。



コンテンツ

  1. 会社情報画面での利用設定
  2. 休日等の種別設定・就業形態画面での利用設定
  3. デフォルトのワークフロー設定
  4. 申請方法
  5. 仕様・注意事項等



1. 会社情報画面での利用設定 

はじめに、会社情報の「申請機能」を ON に設定します。

・操作手順:会社情報 > 基本情報




2. 休日等の種別設定・就業形態画面での利用設定 

※  1.会社情報画面での利用設定で「申請機能」をON に設定している場合、休日等の種別設定編集画面や

 就業形態管理画面から、ワークフローの利用可否の設定が行えます。



休日等の種別設定画面の場合

就業形態ごとに、利用設定が行えます。

・操作手順:会社情報 > 休日等の種別設定



就業形態管理画面の場合

休日の種別ごとに、利用設定が行えます。

・操作手順:会社情報 > 就業形態管理>休日等の種別設定



3. デフォルトのワークフロー設定 

申請時に指定する、ワークフローのデフォルト値を設定することが可能です。 

デフォルトのワークフローは、「就業形態管理」「従業員一覧」の新規作成・編集画面にて設定を行います。


※ 「就業形態管理」・「従業員一覧」の両方に設定がある場合は、「従業員一覧」の設定が優先されます。

※ 就業形態画面での設定は管理者のみが行えます。(経理・マネージャー等は閲覧のみ)

※ 従業一覧画面での設定は、経理・マネージャー等も行えますが、編集を行う従業員の部署・店舗権限を持つ場合のみとなります。


4. 申請方法 

申請画面は、以下の2つの方法で表示が可能です。


・勤怠画面の「休暇などの取得」ボタンをクリック


・勤怠画面の「遅刻・休暇など」をクリックし、休日等の種別を選択


申請画面が表示されます。

デフォルトのワークフローの設定を行っている場合も、申請時にワークフローを選択することが可能です。



5. 仕様・注意事項等


申請件数

 休暇などの取得は、1件ずつのワークフロー申請が必要です。

 ・「有給」と「夏季休暇」を取得したい場合、一度で申請を行うことは出来ません。

 ・「有給」の申請を行った後、「夏季休暇」の申請を別途行う必要がございます。


申請期間

 指定する「期間」は、連続した日付でなければなりません。

 設定例:

  ○「2020-02-01 〜 2020-02-03」

  × 「2020-02-01 と 2020-02-03」


 上記の場合は、一度で申請を行うことができないため、日付ごとに申請を行う必要がございます。


休日を除いた期間指定

 休日を除き、日付の指定を行うことが可能です。

 休日とは、会社カレンダーで定めている法定休日、法定外休日、その他の休日、就業形態独自の休日を指します。

 設定例:

 「2020-02-01 〜 2020-02-03」の期間で申請し、「2020-02-02」が休日である場合、

  休暇などが適用されるのは「2020-02-01」と「2020-02-03」の2日


月(締日)をまたいだ期間指定

 月(締日)をまたいた期間指定は行えません。

 上記の場合は、各月分を別に申請する必要がございます。


残有給休暇のチェック

 ワークフロー申請時に、現在の残有給休暇のチェックが行われます。

 残有給休暇が1日の場合、2日分の有給休暇申請を行なうと、エラーとなり申請は行えません。

 なお、残有給休暇から「未承認の休暇などの取得申請で指定されている有給消化日数」を

 差し引いた日数を元にチェックが行われます。

 例:

  残有給が2日あり、有給休暇を1日分申請中(未承認)の場合、残有給は1日


承認者への通知メール

 ワークフロー申請後、最初の作業者(1人目の承認者)へ、通知メールが送信されます。

 通知メールは、勤怠や交通費を除き「休暇などの取得申請」の場合のみ送信されます。


ステータス表示

 ワークフロー申請のステータスは、以下の通りです。


 ・承認済み(最終承認済み):グレーの実線

 ・申請中(未承認):グレーの点線

 ・差戻し申請中:赤の点線


勤怠画面での休暇の反映

 休暇はワークフロー申請が承認されるまで、勤怠に反映されません。

 承認時に勤怠が再計算され、残有給の減算が行われます。


勤怠の申請

 未承認の休暇などの取得申請が残っている場合、勤怠の申請は行えません。

 上記は、休暇申請の承認時に勤怠が再計算され、未承認の申請が残っている状態では、

 勤怠を締めることが出来ないためです。