概要

LINE WORKSと連携することでトーク画面より打刻することが可能になります。

※kincone側の設定については以下をご覧ください

LINE WORKS連携によるチャット打刻(2)kinconeとの連携設定


はじめにLINE WORKSで準備を行います

LINE WORKS の Developer Console にアクセス出来る権限が必要です。

以下の手順でLINE WORKS で連携に必要な各種キー情報を発行してください。


1.  Developer Console にログインして下さい。
https://developers.worksmobile.com/jp/console/openapi/main


2.  API ID の「発行」ボタンをクリックして下さい。発行された API ID は後ほど使用します。


3.  Server API Consumer Key の「発行」ボタンをクリックします。

Service API Consumer Key ではないので注意して下さい 

4.  設定ダイアログが表示されるので、サーバー API の利用範囲はトーク Bot の「追加」にチェックを入れて下さい。
チェックを入れたら「次へ」をクリックしてます。


5. Token の有効期間および自動延長の設定を行う画面が表示されます。

任意の値を設定し、「保存」ボタンをクリックします。

(kinconeのBotではID登録タイプのサーバーを使用するため、こちらの設定は適用されません。)


6. Server List(ID登録タイプ) の「追加」ボタンをクリックします。

固定IPタイプ ではないので注意して下さい。 

 

7. 小さなウィンドウが表示されますので、「Keyの選択」プルダウンで先ほど追加した Server API Consumer Key を選択して下さい。

入力が完了したら「保存」ボタンをクリックします。

※「サーバー名」は”kincone”など、分かりやすい名称を付けることをおすすめします。


8. 登録が完了したら、認証キーの「ダウンロード」ボタンをクリックします。

ダウンロードした認証キーは後ほど使用します。 


ここまで完了したら、続いてLINE WORKSとkinconeの連携設定を行います。

以下を参照しながら設定を進めてください。

LINE WORKS連携によるチャット打刻(2)kinconeとの連携設定