概要


連携設定を行うことで、ChatWork上でメッセージを送信し打刻が行えます。

設定は、以下の2ステップで行います。


  1. 管理者、経理・マネージャー等が行う基本設定 ※ 管理者・経理マネージャーが一度行います。
  2. 従業員が行う個人設定 ※ チャット打刻を利用する全ての従業員が個人で行います。


本ページでは「2. 従業員が行う個人設定についてご説明いたします。



2. 個人設定



個人設定を行う従業員がkincone管理画面にログインし、「ChatWork連携設定」画面にアクセスします。




ChatWorkで認証するボタンをクリックします。




認証画面が表示されます。

「許可」をクリックします。




以上で個人設定は完了です。





基本設定
で指定した、キーワードをSlackに投稿することで打刻が行えます。


※ 勤怠が「申請済み」の状態の場合は打刻が行えません。

   上記の場合、管理者権限のユーザーが勤怠の「差し戻し」を行う必要がございます。

   差し戻しにつきましては、以下マニュアルをご覧ください。

   申請・承認機能


※ 基本設定にて「APIトークン(ChatWork)」を設定している場合は、打刻後に従業員名や打刻時刻をBotがお知らせしてくれます。