概要

連携設定を行うことでkinconeの勤怠・交通費データを、kintoneへ連携させることが可能です。

連携設定は以下の流れで行います。



連携設定の流れ

  1. kintoneでのアプリ作成
  2. APIトークン発行
  3. kinconeでの連携設定
  4. フィールドマッピングの設定

1. kintoneでのアプリ作成

はじめにkintone上でアプリを作成します

詳細は、kintoneのマニュアルをご確認ください。

https://help.cybozu.com/ja/k/user/5ways.html


2. APIトークン発行

連携を行う際に利用するAPIトークンを発行します。

詳細はkintoneのマニュアルをご確認ください。

https://help.cybozu.com/ja/k/user/api_token.html


3. kinconeでの連携設定

設定画面にアクセスします。

外部連携の「Webfook」をクリックします。



連携設定画面が表示されます。

連携したい項目の「追加」ボタンをクリックします。

連携の種類は以下の通りです。


日々の勤怠交通費情報の連携

  • kintone連携【勤怠】
  • kintone連携【交通費】


1ヶ月毎の申請データの連携

  • kintone連携【勤怠申請】
  • kintone連携【交通費申請】



共通設定

連携設定の情報を設定します。


■名称

 任意の名称を入力します。


■データ連携を行う条件

 kinconeでどのような操作を行った際に、kintone(キントーン)へデータ連携を行うかの条件を設定します。



kintone連携設定①

kintoneの情報を入力します。


■kintoneドメイン

 連携先のkintoneのドメインを入力してください。


■ログイン名、パスワード

 kintoneの管理者権限を持つユーザのログイン名・パスワードを入力します。

 ※入力した情報は以降の設定で利用する情報をkintoneから取得するために利用されます。

 ※ログイン名、パスワードはkincone(キンコン)に保存されることはありません。



kintone連携設定②

■kintoneアプリID

 連携先となるkintoneのアプリIDを入力します。

 ※ 設定画面上の「アプリの確認方法はこちら」から確認方法をご覧いただけます。


■APIトークン

 kintone連携 設定前の事前準備にて事前に発行したAPIトークンを入力してください。


 連携先として指定するkintoneアプリに「ルックアップ」フィールドが含まれる場合

 連携先アプリのAPIトークンの後に、カンマで区切ってルックアップ先アプリのAPIトークンを

 入力する必要があります。

 ※ ルックアップ先アプリのAPIトークンは[レコード閲覧] 権限のみで設定可


■Basic認証用ログイン名、Basic認証用パスワード

 ベーシック認証設定を行っている場合は、入力してください。


設定後「kintoneアプリ情報を取得する」ボタンをクリックします。




4. フィールドマッピングの設定


フィールドマッピング - レコード特定フィールドの設定

「レコード特定フィールド」とは、kintoneのレコードを更新・削除時に本項目で選択した情報や日付でレコードを検索し、対象のレコードを特定するために利用します。


注意次項

※ kinconeに同姓同名の従業員が存在する場合、「ユーザー名」を選択すると、kintone上で誤ったレコードの更新・削除が行われる可能性がございます。

※ 選択した値によって、以降に行う以下のフィールドマッピング項目が必須項目になります。

  •  メールアドレスを選択:ログインID(メールアドレス)
  •  ユーザー名を選択:ユーザー名
  •  従業員番号:従業員番号



左側がkinconeの情報・右側がkintoneの情報となります。

本項目では、「kinconeの情報を、kintoneのどこへ連携させたいか」をプルダウンで選択します。

フィールドのマッピング情報は次項「フィールドマッピング一覧」をご確認ください。





フィールドマッピング一覧

フィールドマッピングの詳細は以下のページをご覧ください。


日々の勤怠交通費情報の連携

kintone連携【勤怠】

kintone連携【交通費】


1ヶ月毎の申請データの連携

kintone連携【勤怠申請

kintone連携【交通費申請】


設定完了後、画面下部の「登録」ボタンをクリックします。

以上で連携設定は完了です。

※ エラー等で設定が行えない場合や、kintone上にデータが連携されない場合は、Webhook実行ログをご参照ください。