概要

iPhone7以降かつiOS13以上のiPhoneでICカードをタッチし、勤怠や交通費情報を読み取るための設定について説明します。

以下の設定を行うことで、iPhoneをkinconeのレコーダーとして利用できます。


※以下に該当する場合は(2)-1 iOS端末の設定(iPhone6以前またはiOS12以前の場合 ) をご参照ください。

 ・Sony製FeliCaカードリーダー(「RC-S390 P」か「RC-S390」)を接続して利用する

 ・iPhone7以前およびios13以前のiPhoneをご利用



iOS端末の設定

       1.    kinconeアプリのインストール


       2‐1.アプリへのログイン・QRコード読み取り


       2-2.アプリへのログイン・IDパスワード入力


       3.   カードリーダーデバイスの選択



1. kinconeアプリのインストール

App storeからkinconeアプリを端末にインストールし、ログインします。

※ 初回起動時にカメラと位置情報の利用を許可してください。


ログイン方法はこれから説明する2つの方法(ORコードの読み取りまたはIDパスワードの入力)があります。

※ iPod touch (第 5 世代、16GB、Mid2013)をご利用の場合は、2-2.アプリへのログイン・ID・パスワードの入力をご覧ください。



2‐1. アプリへのログイン・ORコードの読み取り

web管理画面にログインして「レコーダー管理」にアクセスします。





QRコードの「表示」ボタンをクリックします。

※ レコーダーIDの作成を行っていない場合は「新規追加」から作成が可能です。

※ レコーダーは端末ごとに必要となります。 複数台の端末をご利用の場合は、端末の台数分レコーダを作成してください。

詳細はこちらをご覧ください。




ログインQRコードが表示されます。




kinconeアプリを起動し「Recorder」をタップします。





「ログインQRコードを読み取る」をタップします。




カメラが起動するので、kincone管理画面で表示しているログインQRコードを読み取り、ログインを行います。




2‐2. アプリへのログイン・レコーダーID・パスワードの入力

※ レコーダーは端末ごとに必要となります。 複数台の端末をご利用の場合は、端末の台数分レコーダを作成してください。

詳細はこちらをご覧ください


レコーダー登録時に送付されたメール記載のレコーダーID とパスワードを確認します。

※ メールは、新規追加の設定を行った管理者や経理・マネージャー等のメールアドレスに送付されます。





kinconeアプリを起動し「Recorder」をタップします。





「レコーダーIDとパスワードでログインする」をタップします。




レコーダーIDとパスワードを入力しログインします。




3. カードリーダーデバイスの選択

ICカードを読み込むためのリーダーをios端末のNFCにするか、外部端末(PaSoRi)にするかを選択することができます。

※ここではNFCを利用する場合の設定について説明しています。

    PaSoRiをご利用になる場合は(2)-1 iOS端末の設定(iPhone6以前またはiOS12以前の場合 ) を参照ください。




4. カードリーダーの読み込み

3のカードリーダー選択画面で「NFCリーダーを使う」を選択すると以下の画面に切り替わります。



打刻の種類を下部から選択後、中央の「タッチして**(打刻の種類)」ボタンをタップします。

その後、以下の画面になったら読み込みが可能です。


 



設定の「読み取り方法変更」から、PaSoRi ⇄ NFC の切り替えができます。