概要


kinconeと人事労務freeeを連携させることで、人事労務freeeにkinconeの勤怠データを送信することができるようになります。



1. 人事労務freeeに送信できる項目


  • 総勤務日数
  • 所定労働日の勤務日数
  • 所定休日の勤務日数 
  • 法定休日の勤務日数 
  • 労働時間(分) 
  • 所定労働時間(分) 
  • 給与計算に用いられる法定内残業時間(分) 
  • 法定休日労働時間(分) 
  • 深夜労働時間(分) 
  • 実労働時間ベースの法定内残業時間(分) 
  • 時間外労働時間(分) 
  • 欠勤日数 
  • 控除対象の欠勤日数 
  • 遅刻時間(分) 
  • 控除対象の遅刻時間(分) 
  • 早退時間(分)
  • 控除対象の早退時間(分)
  • 有給取得日数 

2. 連携設定


kinconeと人事労務freeeを連携するための設定を行います。

登録前に以下の設定がなされていることを確認してください。

 

・kinconeと人事労務freeeに登録されている従業員番号が一致している

・freeeに登録されている勤務・賃金設定は「固定時間制」もしくは「管理監督者」になっている


※freeeで「裁量労働制」「フレックスタイム制」に設定されている従業員の勤怠情報は連携できません

 

※連携される勤怠情報は、kinconeで設定された就業形態をもとに算出されます。

 freeeで「固定時間制」となっている場合も、kinconeで「裁量労働制」「フレックスタイム制」などの

 就業形態を設定していれば、各就業形態に準じて正しく算出された値が連携されます。



kincone管理画面右上の設定(歯車マーク)から 外部連携 > Webhook 画面に移動し、

「連携を追加する」ボタンを押してください。




kinconeと連携できるサービスの一覧が表示されるので、「人事労務freee連携[勤怠申請]」を選択します。




人事労務freeeにログインしてください。


全ての更新対象ユーザーに対して参照・編集権限を持つfreeeユーザーでログインし、設定を行って下さい。

※ freeeの一般社員権限でログインを行った場合はエラー画面が表示され設定が行えません。




アクセス権に関する注意事項をお読みいただき、連携を許可してください。





データ送信を行う条件を設定します。


 連携が行われるタイミングは以下の2パターンです。いずれかを選択してください。


 ・勤怠が申請されたとき

 ・勤怠が承認されたとき

 



登録内容に間違いがないか確認し「登録」ボタンを押してください。


 ◆以下について間違いがないか確認してください

  ・認可従業員名  : 連携を許可したfreeeに登録されている従業員名が表示されます

  ・事業所名    : freeeに登録されている連携対象事業所名が表示されます

  ・給与支払い日  :人事労務freeeの支払日設定と同じ値を設定してください。

          


 ◆以下には必要に応じてチェックを入れてください

  ・控除に関する設定: チェックを入れた項目は控除対象となります


kinconeで複数の就業形態を設定している場合は、就業形態ごとに個別の設定が可能です。

以下の欄が自動で表示されます。


注意事項をご確認いただき、「登録」ボタンをクリックします。



連携設定は完了です。

 

 外部連携  >Webhook画面に「人事労務freee連携[勤怠申請]」が追加されたことを確認してください。

 これでkinconeでの申請または承認時に、勤怠データが人事労務freeeの勤怠に送信されるようになりました。