kinconeの申請機能は2種類ございます。

主な機能に違いは以下となります。


通常の申請機能

従業員様が申請→管理者権限が承認を行うシンプルな機能


・勤怠交通費のみ利用可能(休暇や休日出勤・振休・代休はワークフローのみ)

・申請データの閲覧・承認者は管理者権限のユーザーのみ(管理者、部署権限をむつ経理マネージャー

・設定>会社情報>基本情報>動作設定>申請機能で利用設定が可能

 ※ 申請機能をOFFにした場合は、勤怠交通費、休暇や休日出勤・振休・代休のワークフローの申請が全て利用不可


ワークフロー機能

従業員様が申請→1〜5名まで任意の数設定した承認者が承認


・勤怠交通費、休暇や休日出勤・振休・代休全てで利用可能

 ※ 勤怠交通費でワークフロー利用をOFFに設定した場合は、通常の申請機能になります

 休暇や休日出勤・振休・代休でワークフロー利用をOFFに設定した場合は、申請機能が利用できません。

・申請データの閲覧、承認者はワークフローの承認者に割り当てられたユーザーのみ(一般従業員の権限でも可能)

・管理者権限のユーザーはワークフローの承認者ではない場合、申請データの閲覧は不可(最終承認された段階で閲覧可能)

・あらかじめワークフローの設定が必要